ソフトウェア販売 (True-Load)

解析者にとって最も困難な仕事は、自分たちの有限要素解析モデルに対する荷重を実測の歪みデータに合うように決めることです。典型的な例としては、ある一つ時刻の1つか2つの歪みゲージの値と合うようにするために数週間もかかることはよくあることです。

True-Loadはこの状況を過去のものとします。True-Loadが有限要素解析モデルを基に最適な歪みゲージ貼付位置を決定します。一旦これらの最適位置で歪みが求められたら、この歪みデータをTrue-Loadに読み込み、どの時刻ででも計測値と2%以内の誤差しか無いような時刻歴の荷重をTrue-Loadが計算してくれます。True-QSEと組み合わせて使用すると、モデルの各点における歪みを調べて、応力と変位を容易かつ対話的に求めることができます。典型的には歪みゲージの最適位置を計算するのに数分、さらに荷重のプロファイルを計算し直すのに数分しかかかりません。

[ソフトウエアの詳細はこちら]

True-Load

True-Load

True-Load

True-Load

コンサルティング

YSコーポレーションでは、ウルフスターテクノロジー社「True-Load/Pre-Test」 の導入・運用のコンサルティングを行っております。

お気軽にお問い合わせください。

[詳しくはこちら]